購入する前に知っておくべき自転車の種類

“環境と健康に良い上に気軽に使用できる自転車には様々な種類が存在していますがお買い物や通勤、通学など日常生活を送る上で利便性に長けているのがシティサイクルです。最も身近な種類であるからこそ、男性と女性のどちらにおいても使用しやすいようにデザインが施されているタイプが多いですし、籠や泥除けなども備わっていてあらゆるシーンで快適に使用できます。同じく快適に使用できるポイントとして挙げられるのが変速機であり、シティサイクルには3段の変速機が搭載されているタイプの他により多くのギアが備わっているタイプもあります。多くのギアが備わっているタイプの場合は軽いギアにすれば上り坂でも難なく上っていける上に、長距離のサイクリングでも快適です。

そのようにサイクリングに魅力を覚え、より一層遠くに出かけたいと感じた時に選択肢に入るのがロードバイクであり、快適に長距離に出かける事を目的に開発製造されている自転車です。レースの成績や自らの力で遠くに行く事を中心にして手がけられている自転車だからこそ重量が非常に軽量化されていて、使用されているタイヤの細さも細いです。タイヤが細いという事はタイヤと路面が接地する面積が小さくなるという事なので、小さな力でスムーズに走る事ができます。さらにロードバイクにおいて快適に走るために装備されている物としてはドロップハンドルもあり、ドロップハンドルは一般的なハンドルよりも手で握れる箇所が多いという特性上様々な姿勢を取る事ができ、身体が疲れずに長時間にわたって走り続けられます。

そのようなロードバイクに興味関心を抱いているものの、スポーツ自転車に乗る事が初めてという方はフラットバーロードもしくはクロスバイクから始めると、安心感を持ってスポーツ自転車の魅力に浸れます。フラットバーロードは、ロードバイクで採用されているドロップハンドルを直線的なハンドルに変更した自転車なのですが、ハンドル以外の部分に関してはロードバイクと同じパーツを使用しているため、以後ロードバイクにも挑戦しやすいです。クロスバイクはロードバイクにマウンテンバイクの要素を加えて開発されている自転車であり、ロードバイクのように車体が軽量で遠くまで快適に走れる上に、マウンテンバイクのように対応できる道が多いという利点も兼ねています。フラットバーロードとクロスバイクのどちらも前後に複数のギアが搭載されているので、風や傾斜に合わせて柔軟に使用するギアが変えられます。”