一般的なオートバイのタイプについて

初めてオートバイを購入する方は、クセのない一般的なタイプを選びたいと考えていることが多いようです。現在は大型二輪の免許制度が変更になり、以前と比べて取得しやすい時代ですが、まだまだ大型は一般的な排気量ではありません。日本でポピュラーなのは250ccや400ccであり、日本人の体型に合っていること、日本の道路事情において不都合を感じないこと、などが理由です。大型マシンは加速・最高速ともに優れていますが、日本の道路で時速300キロのスペックを持ったリッターマシンは不要でしょう。またオートバイは排気量が大きくなるほど燃費が悪化するので、手頃な排気量は250ccや400ccクラスです。

400ccクラスになるとスポーツカーに匹敵する加速力を有していますし、最高速も200キロくらいも出ます。日本の道路で200キロを出すことなどありませんので、加速・最高速ともに400ccで十分でしょう。250ccになるとトルクが薄くなるので、スタート時の直進安定性がないと感じる人がいますが、燃費がよくて車検がないというメリットがあります。

一般的なマシンのタイプはネイキッドであり、これはエンジンが露出しているバイクです。スポーツタイプと言われるマシンは、カウルによりエンジンが隠れています。前傾姿勢がきついタイプのマシンは、スポーツ走行をコンセプトにしています。そのため市街地走行には適しておらず、日常の足とするには不便を感じるでしょう。日常の足として乗るならばネイキッドやスクーターなどが一般的です。スクーターは原則としてオートマであり、アクセル操作だけで走行ができます。その他のオートバイはほとんどがマニュアルであり、ここがクルマと異なるところです。クルマはオートマが主流になっていますが、バイクは現在でもマニュアルが主流です。

一般的と言われるオートバイは、ポジションが楽なのが特徴になっています。シートやアクセルの位置に違和感がなく、長時間の走行に適しています。スポーツタイプのマシンはシートやアクセルの位置が不自然だと感じることが少なくありません。前屈姿勢のポジションが多いですが、これは空気抵抗を抑えてマシンの性能を引き出すためです。オートバイの場合は楽なポジションであるほど、空気抵抗が大きくなってしまいます。ただ市街地走行や一般的なツーリングなどで、高速走行をすることは少ないです。普通に高速道路を走行する状況などでも、ネイキッドのマシンで問題はありません。