室内競技として取り上げるのはいささか強引ではありますが、コンピューターゲームにおいてオートバイゲームはゲーム黎明期より人気のあるジャンルで、将来的にeSportsで競技として採用される可能性があります。実際PS4対応ソフトとして2017年に発売された「MXGP3」などは、オンライン対戦機能も搭載され、大きな大会開催に耐えられる仕様です。しかし一体何故オートバイのゲームは人気があるのか?

名作が生まれたオートバイゲーム

それはオートバイゲームとして優秀なタイトルが数多く発売されてきたから、ということで間違いないでしょう。コンピューターゲーム黎明期には1983年にアイレムが「ジッピーレース」という人気のゲームタイトルをリリースし、1985年にはセガが「ハングオン」を発売し、オートバイゲーム人気を高めたのです。