シクロクロスとは?

先行していた海外で高い注目を集めていて、今日では日本でも注目度が高くなっている上に実際に挑戦してみる方が増えているのがシクロクロスであり、自転車競技の1つですが他の競技と異なるのは舗装されている道路を用いるのではなく、未舗装の土の上を用いて競技を進めていく様子です。

自転車競技と言えばロードバイクを使用したレースのように滑らかに舗装されている道路や、専用の競技場を使用して順位やタイムを競う事例が多いものの、未舗装の土の上を使うのはシクロクロスが誕生した経緯が関係しています。

経緯を紹介すると驚かれる事が珍しくないのは多くの方々が考えているよりも歴史が古い様子であり、1900年代が起源のシクロクロスが誕生した理由は自転車競技に向き合っていた選手が仲間と競争しながらゴールに設定した隣町まで向かっていた時、近道を目的として柵を乗り越えたり舗装されていない道路を走行した事がきっかけです。

他にも、舗装された道路で自転車競技に向き合っている選手達がオフシーズンの時にトレーニングを目的として、季節柄使用されていない農地を活用し足腰のトレーニングに活かした事も関係しています。

近道やオフシーズンのトレーニングをする場所として使われていた未舗装の道路を走行する事は、舗装された道路には無い魅力を数多く持っていると考える選手が増加し、次第にあえて未舗装の道路に拘る方が増えたのでシクロクロスという競技として確固たるものになっています。

日本でも注目度は高まっていますが、世界的に特に支持されているのがヨーロッパであり中でもベルギーやオランダなど元来自転車が身近な国が挙げられます。

そのような競技の概要は時間制が採用されているのが特徴的なので競技が行われる環境により距離が異なり、競技のために設けられた障害物をクリアしながら回れた数を競います。

コースに定められる距離で多いのは長くても4kmで、設定される時間も1時間なので他の自転車競技に比べると取り分けて距離と時間が短い上に、ピットにて機材を変更したり自転車自体を取り替える事も可能なのが独自的です。

そのようなシクロクロスで使用される自転車は、舗装されていない道路を使用する競技であるからこその特徴があり、一見するとロードバイクに似ているものの土などが付着する機会が多いが故にブレーキがディスクブレーキである上に、タイヤもマウンテンバイクのように太いタイプです。