世界の自転車競技

世界の自転車競技には様々なものがありますが、その競技のほとんどは国際自転車競技連合UCIが主催しているものです。その中でも最も最高峰のものとして、世界選手権自転車競技大会があります。

世界選手権自転車競技大会は、様々な地域で国際自転車競技連合UCIが主催する自転車競技の勝者が一堂に会してその実力を競う自転車競技の最高峰の世界選手権大会となっており、この大会で優勝する事は世界一の自転車競技者であることを証明するものとなります。しかし、その大会に出場するためには、単純に選抜競技で勝利するだけではなく、様々な分野での活躍が重要な選考のポイントとなっているのが特徴です。

大会歴史は非常に古く、1893年に米国のシカゴで開催されたトラック競技がその第一回大会と考えられています。当初はトラック競技だけでしたが、1921年に一般道を走行するロードレースがコペンハーゲンにてアマチュアのみで行われ、1927年にはドイツでプロの大会も行われています。また室内自転車競技は2000年に初めて行われており、現在では様々な形での競技が同時に開催されるようになっているのも特徴です。

現在の部門は種目別に分かれており、トラック競技やロードレース、及び室内自転車競技部門のほかMTBやシクロクロス、そしてパラ競技なども実現されるようになっています。この競技での優勝者は世界の自転車競技において高い栄誉を持って迎えられます。また優勝した週目の様々な地域の大会に出場する場合には、5大陸を示すレインボーカラーのジャージを着用することができるものとなっており、これは5大陸を制覇した栄養があるものの証となっているため、世界の競技で賞賛を持って迎えられるのが特徴です。