ツール・ド・フランス【Tour de France】って何?

例年7月に開催され自転車が好きな世界中のファンが熱視線を注ぐのがTourdeFranceで、1回目が開催されたのは1903年の事です。

自転車競技は日本はもちろん世界中の各地で開催されているのですが、最も知名度と観客数が多いのがTourdeFranceであり開催期間中に沿道から声援を送る観客の数は合計一千万人で、テレビやインターネットなどのメディアを通じて視聴する人数は30億人以上にもなります。

非常に大勢のファンが存在している理由はTourdeFranceならではの特徴が関係しており、TourdeFranceという印象的な名称は日本語訳にするとフランスを1周するという意味です。

つまり、参加している選手達は3週間の開催期間中にフランスの各所をサイクリングをする様子になり、大会が全て終了した段階での走行距離は3500kmを超えているほどです。

3500kmを超える距離というのは日本では本州の1周分と同じなのですが、競技を行うためのコースの中にはアルプスならではの傾斜が強い山岳地帯も存在するため、競技に参加している選手達は並々ならぬ体力を使いながら難易度が高いコースに挑んでいきます。

そのように、並々ならぬ体力を持っている選手達であっても難易度が高く感じられるコースが設定されているので、スタートした時には198人でゴールを目指して走り始めるものの、ゴールが近づくにつれて参加人数が減少していく様子が見て取れます。

TourdeFranceはステージレースという形式でレースが展開され、要所要所に点在している街をスタート地点とゴール地点にしながら合計21ステージを走り抜けます。

参加している選手達は全員21ステージを走り抜ける事を目標にしてスタートを切りますが、3500kmを超える距離であるが故に途中段階で怪我を負ったり体調面で気になる事があった時にはリタイアとなり、以後はステージに戻る事ができなくなります。

毎年コースとして決められるルートは変更されているので、ルートが決められる時にはレースが開催されている時と同様に世界中のファンが注目するのですが、例年共通しているのは最後のゴール地点はパリの街中である事です。

3500km離れた町からパリを目指して走り続けてきた選手達がパリの街中に入り、石畳の道の上を走りながら凱旋門の前を駆け抜ける様子はTourdeFranceという競技の集大成です。

また、参加している選手達の中には山の登り坂を得意としている選手や短距離のスプリントを得意としている選手などが存在しているので、各選手の個性に目を向けて楽しむのも良いサイクリング競技です。このサイトでは競技のみでなく様々な自転車についてのトピックをお届けしています。他のページもぜひ覗いてみてくださいね。