チェーンの摩耗をチェックする方法

気軽に使用する事ができる上に、乗車する車種や乗り方を意識すれば移動手段として活用しながら運動にも役立てられるのが自転車であり、子供から年齢が高い方まで幅広く支持されています。通勤や通学などで使用している方が多いシティサイクルの他に、趣味性が高いロードバイクなどにも使用されていて動かすために欠かせないパーツとして挙げられるのがチェーンです。

チェーンの摩耗をチェックする方法

ペダルで漕いだ力を後輪に伝わり自転車が前に進むという仕組み上取り分けて重要性が高いパーツですが、使用している時に動き続けている上に上り坂などでは強い力も加わるため摩耗しやすいため、安心かつ快適に乗り続けるには普段から状態を確認しておき、必要であればメンテナンスをする必要があります。

自転車で走行していて段差を通過した際にチェーンが車体に当たる音が聞こえたり、ペダルで踏んだ力が後輪に伝わるまでに時間差を感じた時には摩耗しているので、現状を確認してみましょう。摩耗の有無を確認する方法として容易なのが、前側のギアと接触している部分のチェーンを指で引っ張ってみる事であり、引っ張ってみた時にギアの窪んでいる所が見られた場合は摩耗している事になります。

そのように指で引っ張って確認する方法の他には摩耗を確認する事を目的に開発された製品を用いる術も存在し、左右に突起が設けられている金属製のプレートをチェーンの穴に差し込みます。穴に差し込む事ができれば本来の長さのままであると判断する事ができますが、突起が穴に入らないのなら元来よりも伸びている事になります。

そのため、伸びていると判断できた時には新しいチェーンに交換する事になりますが、交換時には対象の車両のタイプをもう一度確認しておきましょう。トラックレースのようにギアが固定化されていてペダルと後輪が一緒に動き続けるタイプや、後方のギアが1つしかないシティサイクルはギアが1つしか無いからこそ加わる力が強いので厚みが厚いタイプが使われています。

ロードバイクのようにギアが多く存在している競技用自転車や、シティサイクルでもギアが多いタイプでは厚みが薄いタイプが使われているので、それぞれの違いを理解してから今使われているタイプと同じ物を手に入れましょう。

また、毎日の使用を繰り返すほどに金属同士が触れ合って少しずつ消耗していきますが、間に挟まる砂などの量が増えるとより一層消耗しやすくなるため、使用環境を見直したり高い頻度で清掃などのメンテナンスをするのも大事です。