ジャイロ:3輪オートバイのレース

誰でも一度はホンダの3輪オートバイを街中で見かけたことがあるでしょう。しかし、その正式な名称まで知っているというケースは多くありません。このバイクはジャイロという名前で、ピザなどの宅配サービスでよく使われています。業務用のイメージが強く、あまり融通が利かないと思われがちですが、実際にはカスタム使用も可能ですしスリリングな競技に使われることもよくあります。かなり間違った印象を持たれやすい名機なので、バイク好きなら真の姿とレースの実情を押さえておきましょう。

ジャイロの最大の特徴は3輪のオートバイであるにもかかわらず、2輪車と同レベルのバンクが可能ということです。他の3輪オートバイとは根本的に構造が異なっており、中央部に軸が走っています。そのため、2輪車で曲がる際と同じ感覚で角度をつけても十分に対応できるというわけです。ただしジャイロにも複数のタイプが存在し、少しずつ操作感が異なるので注意しなければなりません。とはいえ、スペック自体は普通のスクーターとほとんど同じです。車輪が多い分だけ重量や体積が大きいという程度の違いでしょう。そう言われると、操作が難しいと思う人もいるかもしれません。しかし実際は、安定感があって転倒のリスクが小さいので、重いことはデメリットとして作用しないです。また、カスタム使用をすることで、ミニカーとしての登録も可能になります。そうすると、ヘルメットを着用する義務がなくなることが大きな特徴です。登録するには条件のクリアが必須であり、それを可能にするカスタムを施す必要があります。

この自由度と基本性能の高さが、ジャイロのレースをスリリングなものにしています。カーゴを装着した状態で行うユニークなレースが話題になりました。まるでピザの宅配のスピードを比べ合っているような競技です。見た目はかなりユニークですが、それとは裏腹にレース自体は非常に熱い展開を見せます。急角度のバンクが連続して、今にも転倒しそうなシーンが連発するのです。街中で見かける様子とまったく異なるので、初めて見る人は非常に驚くことになるでしょう。コーナリングでは、他のレースと比べても遜色のない激しいデッドヒートが見られます。大々的に実施されることは少ないですが、ミニバイクなどのイベントと一緒に開催されるケースは珍しくありません。ですから情報収集するときは、そのようなイベントの情報をチェックすることから始めると良いでしょう。