オリンピックでの競輪競技

オリンピック競技の中には日本発祥のスポーツがありますが、その競技の一つが自転車で行う競輪です。日本で行われる競輪は、専用の競技用自転車を使って決められた集会を回って先頭でゴールをした選手が勝利という形をとります。しかしオリンピック競技での競輪は、日本で行われる形と違いKEIRINという名称で国際ルールが付られているのです。オリンピック競技の場合は、日本で行われるのとは違って4種類の競技で分類されています。日本の競輪と近い状態で行われるのが、スピード重視で争いを行うスプリントです。

競技人数は4人で構成され、スタートの合図と一緒に飛び出し周回を重ねた後に戦闘で走り切った選手が勝利になります。このスプリントの醍醐味は駆け引きであり、一気に戦闘を奪ってゴールを狙う戦法もあれば選手の得意分野を見たうえであえて後方に位置して体力を温存し最終周で一気に抜き去るなどの戦術が楽しめるのです。2つ目はオムニアムであり、これは別名自転車競技の十種競技といわれます。このオムニアムは先に言ったスプリントだけでなく、スクラッチやテンポといった別々のルールで走り切り最終ポイントが上回った選手が1位となります。そしてテレビでよく見るのがカタカナ表記もしくはローマ字表記で書かれたケイリンです。

日本のとは違って、ケイリンの場合は自動車レースのようにデモンストレーション及びけが防止のために最初の何周かは電動アシスト付自転車を使って選手をアシストします。そして決められた集会が来て選手団体が落ち着いてきたら、アシスト役の先導役がコースから外れて開始です。個人対個人の戦いであり、決められた周回を走りラスト一周になったときにゴールの鐘がなるので先頭を切った選手が1位になります。次に冬季オリンピックにおいて3人一組で周回をするスケートのパシュートというものがありますが、そのパシュートと同じ流れで行うのがチームスプリントです。

チームスプリントもまた3人一組がチームを組んで、相手チームと同時スタートをして決められた周回をタイムを競います。他の競技と違うのは、これまでは個人戦だったのがチーム戦という様相ということです。3人一組で先頭が風よけとなって走り、タイミングを計って選手を入れ替えます。そして先頭を切れば優勝だったのが、この協議に限っては最終周になったときにゴールラインを3人目の後方の選手がゴールをして初めてタイムが出るのです。オリンピック以外の世界選手権や大会なども他のページで紹介しています。ぜひ覗いてみてくださいね。